バストアップ

胸を大きくする方法は?バストアップに効く食べ物と、毎日続けられる簡単筋トレのやり方

バストアップは女性の永遠のテーマ。

より大きくしたいという方もいれば、より美しく見せたいという方もいらっしゃるでしょう。
美容整形などに通わなくても、バストアップには色々な方法があります。

 

 

バストのしくみを知ろう

バストアップをする、といっても胸が大きければ良いというわけではありません。

胸は大きく、アンダーバストは細く、他の部分も締めなければ、ただの太った人になってしまいますね。

バストは脂肪で出来ています。

バストアップをするためには乳腺が鍵になります。

授乳期や生理前になるとホルモンのバランスで乳腺が発達し、胸が大きくなってきます。

「なんだか胸が張ってるな」と感じたことはありませんか?

それは乳腺が張ってきているということなんですね。

その乳腺の量で、バストの大きさが決まっているといっても過言ではないのです。

バストは90%が脂肪10%が乳腺で出来ています。

乳腺を支えているのは、クーパー靭帯と言われているものです。この靭帯が伸びきってしまうと、元に戻すことができません。

そしてそのバスト全体を支えるのが大胸筋。大胸筋を鍛えればバストを持ち上げることができますが、バストを包んでいる皮が弾力を失い、たるんでしまっては意味がありません。

つまり、バストアップをするには「脂肪の量を上げる」「皮膚の張りを出す」「大胸筋を鍛える」この3つが大切になってきますね。

バストアップに繋がる栄養素

バストアップをするためには食事改善が大切な鍵となります。

乳腺を発達させる女性ホルモン、そのホルモンを出すので有名なのが「プエラリア」「大豆イソフラボン」などですが、これらは共通して女性ホルモンを多く出す作用があります。

そのため過剰摂取をすると不妊症や婦人病などの危険が伴ってきます。

女性ホルモン作用のあるサプリを飲むより、食材から摂取するように気を付けましょう。

キャベツに含まれているボロンという成分がありますが、エストロゲンを活性化する作用があります。

細胞を作り上げるタンパク質、コラーゲンの生成を促し肌のきめを整えるビタミンC、ホルモンバランスを整えるビタミンB群、女性ホルモンを活性化するビタミンE、ミネラルなどの栄養素も必要です。

 

たんぱく質を含む食べ物

ささみ、赤身魚、牛乳、チーズ、豆類、豆乳など

 

ビタミンCを含む食べ物

緑黄色野菜、レモンやいちごを含めた果物類、サツマイモなど

 

ビタミンB群を含む食べ物

豚肉、豚肉・うなぎ・ナッツ類・レバー・牛乳・バナナ・牡蠣など

 

ビタミンEを含む食べ物

かぼちゃ、アボガド、ナッツ類、オリーブオイルなど

 

ミネラルを含む食べ物

ひじき、ワカメなどの海藻類、牡蠣、魚介類など

 

 

食事で十分に摂れているかどうかを考え、不足しがちの場合は食事を変えましょう。

必要であれば、これらの栄養素はサプリメントなどで補っても良いでしょう。

 

 

日常生活における注意点

美しいバストを維持するためには、日常生活で少し注意をしておいたほうがいいですね。
乳腺を支えているクーパー靭帯を傷つけないようにするために、激しいスポーツやマッサージをしないようにしましょう。

 

バストは激しく刺激を与えられたり、動かされたりすることで、たやすく靭帯が切れて垂れてしまうこともあります。

そのためブラジャーの着用は怠らないようにしてください。

 

女性ホルモンを促す精油などで優しくマッサージを行うのも効果的です。

 

 

大胸筋はどうやって鍛えるの?

大胸筋を鍛えるには「胸の前で両手の手のひらを合わせて合掌する」のが一番やりやすいかもしれません。

大胸筋を鍛える簡単なやり方は以下の通りです。

 

  1. 脇の下を開け、両肘を平行に高く上げて手のひらを合掌させます。
  2. そのまま合わせた手を少し上にやり、両肘をくっつけます。
  3. その動作を数回繰り返します。

 

脇の下から胸筋にかけて、じわじわと効いてくると思います。

また「膝立て腕立て伏せ」もおすすめです。
普通の腕立て伏せはかなり女性には辛いですよね。

そこで「膝立て腕立て伏せ」です。

床に屈んで、両手両膝を床について、その姿勢でまっすぐ腕立て伏せをする方法です。

壁に手をついて行っても同じです。胸筋に力が入っているのを感じながら、やりやすい方法で大胸筋を鍛えてみてください。

さいごに

フェイスやボディと同じで、バストアップもやはり食事と筋肉、そして日ごろの注意がとても大切になりますね。

念入りにスキンケアをすれば、確実に細胞が入れ替わり、お肌は綺麗になってきます。

栄養素が満たされれば、痩せやすい体にもなってきます。

バストアップも同じで、筋肉を作り的確な栄養素を摂取すれば美しいバストが手に入るので、諦めず続けることがポイントです。

 

サプリメントなどは女性ホルモンの過剰摂取により健康を害する恐れもありますので、出来れば食品から必要な栄養素を摂取し、筋肉を鍛える方法が安全かつ確実でしょう。

ピックアップ記事

  1. 1ヵ月履いて寝るだけで太い足がマイナス8cm!?

関連記事

  1. バストアップ

    豆乳でバストアップできる!効果的な飲み方をご紹介♡

    SNSを見ていると、「豆乳でバストアップした!」という声をよく見掛けま…

  2. バストアップ

    バストアップに効果的な食べ物は?やっぱりコラーゲンが最強だった!

    コラーゲンって美肌!っていうイメージが強いですよね。でも、実はバストア…

  3. バストアップ

    寝ている間にバストアップしたいなら、ナイトブラが手軽でおすすめ♡

    寝るときはブラジャーを外した方がいいのか、それともつけたままがいいのか…

  4. バストアップ

    産後、バストの変化が悲しい…元に戻す方法は?

    妊娠・出産・授乳を経た体型の変化は、母としての名誉…

  5. バストアップ

    バストアップ&くびれでメリハリボディをつくる筋トレ法

    バストアップ・くびれに効く筋トレでメリハリボデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ダイエット

    「8の字エクササイズ」でくびれを作ろう!
  2. バストアップ

    「バストアップ」の方法はなにがいいの?
  3. other

    動的ストレッチとは?静的ストレッチとの違いと使い分け
  4. ダイエット

    二の腕を引き締めて細くする3つの方法!二の腕痩せダイエットをご紹介
  5. 足痩せ

    超簡単なことで足首が3日間で細くなった!
PAGE TOP